獲れる根拠

当社、競馬総合情報社シンクタンクが入手する情報は、その週に出走する馬の状態から、二週後、三週後、はては一年後、二年後にデビューする予定の若駒の情報、又厩舎の事情、都合、騎手の健康状態、馬主の懐具合迄、多岐に渡り膨大。1週間に集まる情報は2000件を優に超え、その情報を専任のスタッフが分析・解析致します。

当社では一年のうち360日以上、一日平均14時間以上の時間を多数のスタッフが馬券で利益を上げるためだけに費やしているのです。

レース前日に競馬新聞を広げ、2〜3時間の予想で出す買い目と、元調教師、元騎手をはじめとする専門家が一週間の殆どを費やして出す買い目とでは、おのずと結果が変わってきます。更にその差が一ケ月、一年を通すとどれだけの差がつくのか?ご想像いただけるかと思います。

競馬界最高峰の情報力

情報ルート

当社の情報ルートは、一人一人が各々競馬情報会社の一つや二つは設立出来る程の情報を持っています。その様な多数の大物達で構成される当社の情報網。ハッキリ言ってブッチギリの競馬業界No.1と断言できます。


競馬界最高の分析力で情報を厳選

情報を分析

裏付けのとれないもの、又危険なファクターのあるものに関しては情報提供を行いません。強力な情報網がキャッチする多大な情報を厳選に厳選を重ね、絞りに絞ったまさに競馬情報の結晶のみをお伝えします。


予想競馬と一線を画す“確定情報”

万馬券的中証明書

新聞を見れば過去にどういう位置取りで競馬をしていたかを知る事はできます。そして新聞紙上には『展開予想』や、各馬に[逃][追]といった表記が付いていたりもします。しかしながら、これらが実はクセ者なのです。

展開予想はあくまでも予想で、新聞社の人間が「たぶんこうなるであろう」と推測しただけのもので『不確定要素』が多く、書いてある展開通りにならないケースの方が多い程です。また、[逃][追]の表記も、単純に過去の結果に過ぎません。

要は、新聞紙上に記載されている事は、あくまでも過去の結果。前回(又は以前)先行したとは書いてありますが、「今回先行する」かどうかは一切書かれていないのです。
対して当社では『今までは差しに徹していたが、今回は積極策で勝負をかける』といった陣営の具体的な作戦や指示に関する情報を入手しているので、『不確定要素』が極限まで排除され、“積極的に前に行く馬”“番手で折り合いに専念する馬”“脚を溜めて直線勝負の馬”といった、出走各馬がどういう位置取りで競馬をし、どういう展開になるかという“確定情報”をホボ完璧に把握する事ができるのです。


競馬の全てを知っている。だから狙って獲れる

PAT 払戻金額

競馬界最高峰の当社情報ルートが築き上げた“あらゆる情報を漏らす事無く入手できる盤石の情報収集体制”がある事により、展開を予測するのではなく、各陣営の作戦を基にした“より現実的な”シミュレーションを行った上で情報公開ができるため、一般ファンにとっては難解な競馬でも、高レベルでの『安定した的中』を維持できるのです。


リスクは最小に。回収は最大に。

資金作りから勝負レースまで全てを「競馬の表も裏も知り尽くしたプロ中のプロ」が徹底的に情報を精査。だからリスクは最小に。そして回収は最大となるのです。

競馬で得た収入

内部関係者情報で、あなたも面白いように馬券が獲れるようになる!

現在、馬券でマイナスになっている方、是非一度、シンクタンクの情報を
無料”にて入手して下さい。必ずやお役に立てるものと確信しています。

2017年2回中京6日 中京 11 【1点馬券】高松宮記念 3/26(日) 14:00頃
今すぐ無料で入手する