Vol.119 平成最後の有馬記念で……


平成最後の有馬記念で…… ★★★★★★

■重賞・メインから100週連続的中を達成!

2011年12月惜しまれつつ調教師を引退した直後から、当社情報ルートへと正式加入し、重賞メイン特捜部・最高責任者に就任した平井雄二。調教師時代には、生まれながら前脚に不安を抱えていたサクラスターオーを2冠馬まで育て上げ、現役を退いた今なおアドバイスを求める関係者の姿は絶えないという。

就任発表日の2012年1月5日には、イキナリ京都金杯で【3連単6万8090円】の特大万馬券的中をお届けし、重賞・メインレースから13週連続で万馬券的中。2017年は◎キタサンブラック、○ステファノス大本線1点目で【2万3190円的中】となった大阪杯(GⅠ)、13頭中12番人気だったエポワスに自信の本命を打ち、◎○▲と印通りの決着で【11万4130円】ズバリ的中のキーンランドカップ(GⅢ)を始め、2017年1月15日から重賞・メインレースで毎週的中をお届け。

そして、2018年も年明け早々の愛知杯(GⅢ)【12万1160円的中】を含む3馬券種トリプル万馬券的中、夏のレパードS(GⅢ)では【馬連2万3100円&3連複10万2870円】と特大配当が続出。昨年から引き続き重賞・メインレースの的中は毎週継続しており、12月9日開催終了時点で、ついに【100週連続的中】に到達。

"width="32%"/> "width="32%"/> "width="32%"/>

【GⅠ特集】【重賞戦略会議】のコンテンツ内では、重賞・メイン特捜部が入手した独占情報の一部を毎週無料公開しているが、元騎手・元調教師としての平井雄二の相馬眼はモチロン、各分野に精通した精鋭情報ルートたちがデータ班・情報班・調教班と分かれて情報収集やデータ分析を行い、多角的かつ緻密な精査を行っていることが、約2年間に渡って毎週的中を継続している最大の理由となっている。


■秋のGⅠも重賞特捜部は絶好調!

今年はGⅠでも、安田記念で◎モズアスコット(9番人気1着)、宝塚記念で◎ワーザー(10番人気2着)、菊花賞で◎ユーキャンスマイル(10番人気3着)、天皇賞・秋で◎キセキ(6番人気3着)と、人気薄馬に自信の本命を打ち馬券的中をお届け。先週の阪神JFでも◎○▲の印上位3頭で的中をお届けしているように、今秋も重賞・メイン特捜部の情報は絶好調だ。

" class="ph_img_tate" alt=""> いよいよ次週は、グランプリ・有馬記念。今年は、障害界の大スター・オジュウチョウサンが平地転向後2連勝の実績を引っさげて参戦。ファン投票でも10万票を超える得票を集めて3位とファンからの支持は絶大で、当馬からの馬券が売れる可能性も大きい。

日本一の馬券売上、日本最高タイの賞金額を誇り、競馬ファンだけでなく、競馬をほとんど知らない人間ですら『有馬記念だけは買う』というほど、世間からも大きな注目を集める有馬記念。当然、多くの競馬関係者が勝利へ向けた強い意気込みを持って臨む1戦となるが、3年前から着順には関係なく、ファン投票の順位に応じて、出走するだけで500~2000万円の『特別出走奨励金』が交付されるようになった。つまり、条件さえ満たせば「回ってくるだけ」で最高2000万円を掴めるレースにもなっており、各陣営の勝負度合いに大きな差が生じる1戦にもなっている。

ただ、仮に報奨金目当ての気のない出走だったとしても、それを正直にマスコミへ打ち明ける陣営はおらず「勝負になるような状態ではないけど、とりあえず回ってくる」といった本音が世間に公表されることはない。そのため、多くの馬券参加者が新聞に掲載された当たり障りのないコメントを頼りに“一銭もいらない”という事実を知らないまま、馬券を購入することになる。


■レイデオロの首を狙う激走穴馬が!?

元騎手・元調教師を始めとした、大物競馬関係者たちが情報ルートとして所属している当社シンクタンクは「ココは本気で勝ちを狙っている」という情報はモチロン「正直、掲示板まで来られれば御の字」といった、陣営の本音を隈なく入手することが可能。そんな当社にとって、有馬記念は2011年の【7万8260円的中】を筆頭に過去5年連続的中をお届けした実績があるドル箱G1の1つとなっている。

当然、今年も重賞・メインレースから【100週連続的中】を達成した重賞特捜部を筆頭に、情報ルートたちが早くから入念な情報収集を行っている。「大レコード決着となったジャパンカップ組はレース後の負荷が心配。○○は目に見えない疲れが蓄積しているかも」「中山芝2500mの条件は特殊。この条件なら××がオモシロイ」といった有力な内部情報を多数入手済み。

" class="ph_img_tate" alt=""> また「レイデオロの首を虎視眈々と狙っているのは△△という噂」と、馬券的中だけでなく、高配当に繋がりそうな激走穴馬の情報をも。平成最後の有馬記念でキッチリ馬券的中を掴むためにも、この先も当社がお伝えする”本物の情報”を是非ともお見逃しのないようご注意頂きたい。

(2018年12月13日更新)


※タイトル横の★は一般認知度を表しています。
※★の数が多いほど、認知度が低い貴重な情報です。

競馬サークルHOTLINE一覧へ

内部関係者情報で、あなたも面白いように馬券が獲れるようになる!

現在、馬券でマイナスになっている方、是非一度、シンクタンクの情報を
無料”にて入手して下さい。必ずやお役に立てるものと確信しています。

2019年3回3日 京都 11 天皇賞(春) 4/28(日) 14:00頃
今すぐ無料で入手する